山村留学生の募集について

2021年度(来春にセンター入所)のセンター留学生、親子留学生の受付け中です。
 

●センター留学を希望される方へ
センター留学受け入れの要件としては、大きく次の3点が挙げられます。
1.希望者本人が、基本的な日常生活を自分で行う事が出来、集団生活に支障がないこと。
2.希望者本人が、山村留学の意義を理解し、上美生での山村留学を強く希望している事。
3.希望者の保護者が、山村留学の意義を理解し、上美生での山村留学をバックアップする事。

他にも諸々ありますが、最も重要なのは上記3点です。
センター留学は、留学生を教育する場ではありません。
留学生が、生活する場(環境)を提供することが主たる目的です。

現在、センターの定員は8名です。
今年度センターに在籍する子どもたちが、来年度も継続を希望する場合もあり、募集する人数は確定しておりません。いずれにせよ、新規入所希望者・留学継続希望者の中から、原則として8人を選考委員会を通じて決定することになります。定員を大きく超える入所希望者があった場合、センターでの受け入れが困難であると判断された場合など、必ずしも、希望者全員が入所できるとは限りませんので、その旨ご理解願います。
ひとり部屋とふたり部屋がありますが、指定は出来ません。子どもたちの様子を見ながら適切に判断させていただきます。
来年度小学四年生から中学二年生になる子どもたちを応募の対象としますが、センター開所以来、小学生の入所例は少なく、2020年4月時点で小学生の在籍は2名です。
小学生でセンター留学を希望される場合、お子さんの適性等を検討のうえ、お問い合わせください。

年度途中でのセンター入所、北海道内からのセンター入所は原則不可ですが、センターの定員に空きがある場合で、本人とご家族に強い希望があり、選考委員会で許可が得られた場合等は可能な場合があります。 先ずはお問合せください。
(新型コロナ感染拡大の影響で、今年度は年度途中での受け入れが出来ません。)


●親子留学を希望される方へ
住宅の住宅の空き状況は年度途中でも変動していますので、調整次第では、年度途中での入居(但し、中学2年生まで)も可能な場合がありますので、先ずは問い合わせいただければ幸いです。
家族数によって適切な規模の住宅を斡旋します。(屋内でのペットの飼育は出来ません。)
なお、親子留学の場合、小・中学生を含む家族であれば、子どもさんの数・年齢に制限はありません。
原則として北海道外からの応募を前提としていますが、事情により認められる場合があります。
十勝管内からの親子留学は不可です。
◎現地見学・面接について
センター留学・親子留学を希望される方には、本人および保護者が一度は当地に見学に来ていただくと同時に、選考委員会の面接を受けていただきます。
これは、お互いのことを良く知るために必須ですので、見学希望時期が決まりましたら早めにお問い合わせください。
基本的に、希望される時期に合わせるよう調整いたしますが、山村協主催行事等の日程に合わせて来ていただければ、各種行事に参加することが可能です。
山村協の行事に参加し、地元の子らや留学生、その家族らと交流することで、上美生における山村留学についてより理解が深まるのではないかと思います。
せっかく遠いところから来ていただくので、可能であれば、山村協行事への参加、学校・センター見学、面接を合わせて効率良い日程を組んでいただければ幸いです。
※現地見学は原則として、学校の休暇期間以外の平日を組み込んでいただけるようにお願いしておりますが、どうしても都合が合わない場合などは、事務局を通じて学校他と十分に調整してくださるようお願いいたします。


※新型コロナウイルス感染拡大防止のための県境を越える移動や、多人数が一堂に会する会議等の開催等の自粛が緩和されましたが、未だ終息とは言えず、山村留学の手続き(見学や面接)が通常通りには進められない状況になっております。
新型コロナウイルス感染の状況に合わせて国や自治体の方針が示されるのに沿った形で山村留学の手続きを進めさせていただくことになります。
現地見学・面接をご希望される場合、通常より日程調整に時間ががかかることを考慮したうえで早めにお問い合わせください。

見学・面接時に、センターでの宿泊が可能な場合もあります。
宿泊を希望される場合はお早めに問い合わせをお願いします。


上記内容について分からないことや、ちょっと聞いてみたいことなどがありましたら、
気軽に問い合わせください。

     ※「山村留学」についての問い合わせについて

メール送信環境がない方は、事務局(やまなみ:電話番号はトップページ参照)までご連絡ください。